2017年10月22日日曜日

低予算で自転車を探してらっしゃる方に伝えたい事。

恐らくネットや安売りの殿堂なんかで売っているロードバイクモドキにサイズ設定が無いもので、自身の身長でも乗れるロードバイクは無いものか?と探してらっしゃる方だと思うのですが、先ほどお問い合わせの電話がございました。

電話で相手の顔も判りませんが、反応からロードバイクにかける予算が合わないって言うのが、何となくですが伝わってきました。

僕がまだ自転車屋じゃなかった頃、もっと好き放題に言えていた事が、自転車屋になってしまったが為に声を大にして言えなくなってしまった。

 予算の無い人だって本格的なロードバイクやMTBに憧れる権利くらいはある訳だ。

それが解るだけに言いにくい言葉だってある。

多くの方に自転車の奥の深さや風を切って走る喜びを知ってもらいたい。

そういう願いはあるものの、現実問題価値観の隔たりが大き過ぎるのが事実であります。

 僕も高校生の頃バイトして貯めたお金で入門者用の安いMTB(BSのワイルドウエスト)を買ったのですが、安いと言っても高校生にしてみたら5万円は大金だったし、学費を支払いながら捻出した予算だったので、すごく大切に乗っていました。

そんなある時荒ゴミで捨ててあったアラヤのマディフォックスを拾って、こちらは綺麗に磨いて部品も交換して甦らせた。

これが僕の自転車を触れるようになったきっかけ。


 拾った自転車だったから思い切ってバラしたりチューニングできたんですね。


マディフォックスはバランスが良くて、トリッキーな走り方を覚えるのにちょうど良かったけど、ワイルドウエストはオフロードって言うよりオンロードが強かったので、メンテナンスやチューニングの技術が身に付いた僕はロードバイクに匹敵するスピードバイクに仕上げてしまう。


高いロードバイクに乗っている人に対するコンプレックスみたいなものもありました。

 元々5万円の自転車に22万円以上の部品代をかけて、15kgあったMTBが10.8kgまで軽量化。


ホイールはベアリングを研磨して摩擦を軽減し、タイヤはパナレーサーのシングルトラック390!


クロスカントリー用のブロックタイヤなのにメチャクチャ転がりが良くてアスファルトでもほとんど抵抗を感じなかった。


ギアは48T×11Tで、回し切ったら平地でも73km/h以上まで引っ張れる自転車に大変身させる事に成功。


その入門MTBはクリテリウムでロードバイクと互角に走ってゴールスプリントを争える自転車にまで仕上がった。


「自転車が高けりゃ偉いのか?違うだろ?これが答えだ!」って、当時の僕は示したかったんですよね。

しかし購入後8年近く経った頃、当時の僕の剛脚で酷使されたフレームは破断した。


それは突然の事でした。

ブリヂストンの鉄フレームが破断。


そこまで徹底的にやった経験があるからこそ、ネットやホームセンターで売っているような自転車を、安いからって買う人々を辛い視線で見てしまう。


ハッキリ言ってどれも鉄くずなんだよ。


ちゃんと安全に乗れるようにするのですら、手間暇がかかって大変な乗り物なんだよ。


 職人がそう言っているんだから間違いない!って理解してもらいたいものです。


 予算とあなたの命・・・どっちが大切なんですか?

本日のサイクイングツアー及び営業について・・・

7:30現在大粒の雨が降っています。

路面のコンディションも走るのには不向きな状態です。

とりあえず本日も8:30過ぎにジャッジをする予定ですが、今の状況からは雨天プログラムがほぼ決定といったところです。

尚、現在神戸市内は大雨警報及び、強風波浪洪水注意報が発生しています。

参加予定のお客様は決してご無理をなさらないようにして下さい。

場合によっては当店の本日の営業も臨時休業させて頂く場合がありますので、ご了承下さいませ。

客注品など何点かございます。

本日引き取りにお越し頂くご予定のお客様もおられますので、臨時休業の場合も僕は店内で待機していますのでご安心下さい。

その場合、是非早めにご来店頂けますと、僕も帰宅が早くできるので非常に助かります!(笑)

2017年10月21日土曜日

明日のサイクリングツアーも・・・

雨天の場合は本日と同じプログラムで楽しんで頂く方向性で考えています。

念の為に明日も朝の7:30頃の天候を見てブログにアップいたします!

雨になったので雨天プログラムで開催中!

ただ今M簱君の神戸港談義で盛り上がっています!

昭和42年に神戸港で大事件があって、一歩間違えたら世界の滅亡だったかも知れない・・・

「何、その大事件って?」

皆さん食いついて聞いてます。(笑)

どんな事件か?

秘密です!

参加した人にしかその答えは解りません!(多分)

本日のサイクリングツアー

7:30現在でHAT神戸は雨が止んでいます。

路面はウエットですが、水が跳ねるほどではありません。

よって現在のジャッジとしては催行する方向性でお願いします。

参加者の方々は自転車でお集まり下さい。

最終的に8:30以降の天候にて判断いたします。

中止の場合は9:00~雨天プログラムを開始します!

2017年10月20日金曜日

10月21日(土)&22日(日)のサイクリングツアー・・・雨天の場合


平日だけならまだしも、週末が雨っていうのが、ここ最近続いております。

明日明後日と晴れて欲しいのですが、ちょっと心配ですね!

朝7:30の段階で土砂降り、或いは警報発生の場合は中止とさせて頂きます。

ただし小雨の場合は決行します。

路面は大きな水たまりが出来るほどのコンディションじゃない限りは問題なしと見なします。

念の為に僕は7:00には店に出勤して付近のコンディションを確認しますので、7:30になって中止の場合はこのブログにて中止の旨をお知らせします。



そして万が一7:30の段階で問題なかったものが、8:45を過ぎてから急変し大雨に発展した場合、或いはジャッジの微妙な状態で既にご来店頂いたお客様がいるにも関わらず、中止せざるを得なくなった場合は、当店スタッフM簱君の方で、本来ガイドするはずだったコースと神戸港の歴史について、トークショー形式でご案内させて頂き、その後は初心者でもすぐに身につくプロのパンク修理講座を開催致します。

パンク以外のトラブルについても対処方法や修理方法など、すべてお答え致します!

更に今回参加の方には無条件でプレゼントキャンペーンのくじ引きを、お一人様1枚引いて頂きます。

現在まだ特賞から2等までは1枚も当選が無い状況ですので、自転車が当たるチャンスも残っています。

尚、上記の場合は予定通り参加費が発生しますので、シンズバーガーさんでご用意頂いたハンバーガーとドリンクも、焼きたての物を(僕が)当店まで配達致します。

せっかくお越し頂いた方に何かしらプラスになって頂けるよう、可能な限りのおもてなしは致しますのでご理解の程よろしくお願い致します。

2017年10月15日日曜日

10月21日(土)&22日(日)のサイクリングツアー参加者募集の件で・・・

念の為に昨日14日で募集締め切りという事にしていましたが、現在まだまだ定員に達していませんので、引き続き募集とさせて頂きます。

昼食の予約の関係で早いに越した事はないのですが、当日に誤差が出ても問題ないように人数制限を作っていますので、昼食場所のシンズバーガーさんにもご迷惑が掛からないように、M簱君なりに配慮はしています。

僕としては歴代の従業員の中で、初めてイベントに前向きになって頑張ってくれたM簱君に達成感を知ってもらいたい気持ちでいっぱいですので、どうか我こそは!と思う方は彼のイベントの成功の為にご協力頂けませんでしょうか!

開港150周年を迎えた神戸港の歴史と、地元民も知らない神戸の風景や豆知識を、M簱君が一生懸命ご案内致します!

ギリギリまでご応募をお待ちしていますので、メールなり電話なりFAXなりで、お申し込みのほどよろしくお願いします。

21日(土)はまだ5~6名くらいは空きがございます。

22日(日)に関してはまだ10名以上空きがあるので、いずれかご希望の日程でご参加下さい!

お待ち申し上げます。

参加費(昼食代込):1500円(お一人様)





自転車好房ラルプデュエズ            TEL:078-855-7319
                             FAX:078-855-7310
                            メール:l-alpe-d-huez-kobe@plum.plala.or.jp

2017年10月9日月曜日

10月 9日現在のくじ引き結果。

現在の当選者数ですが・・・


3等・・・1名

4等・・・4名

5等・・・10名

10000円割引券・・・1名

5000円割引券・・・1名

3000円割引券・・・1名

洗車無料券・・・1名


以上のような状況です。

特賞、1等、2等は、まだ誰も当たっていません。



サイクリングフォトラリーを活用すれば、お買い物をしなくてもくじ引きができるチャンスです!



元々3枚に1枚は何かが当たる率になっていますので・・・

現在残念賞(ハズレ)がかなり減ってきている事を考えますと、今後当選率が上がる見込みになって来ています。


ご来店お待ち申し上げます!!

2017年10月1日日曜日

『神戸サイクリングツアー』参加者募集中!

10月21日(土)~10月22日(日)の2日間だけの有料イベントです!
 

 

神戸学検定合格者のM簱君と、元ツアープランナーだった僕、そして勢いだけは負けない新人スタッフの山ちゃんがそれぞれツアーのガイドを担当します。


神戸港開港150周年の節目に、当店の創業5周年が重なった事もあって、M簱君も今回のイベントには張り切って準備しています。


神戸港の歴史や、それにちなんで発展していった神戸の街並み、文化・・・

普段自転車や徒歩、車で通っていても、何気なく通過していただけのその道に、実はとんでもない歴史や事件、故人の果てしない情熱などが隠されているとしたら?

今一度改めて、私たちの住むこの神戸の街をじっくりと学んでみませんか?




今回は軽食代も含めましてツアーの参加料金を、≪お一人様 1500円≫とさせて頂きます!

尚、集合時間は8:40で、挨拶と簡単な注意事項を説明いたします。

開始は9:00で、11:40~昼食。

当店へは13:00までに戻って来る予定です。



参加費に昼食(軽食)の料金は含まれているとはいえ、1500円の参加費を頂く事について・・・

まず参加人数10名につきガイドを1名の予定で考えています。

これは自転車での集団行動の場合、10名を超えて来ると列の長さが長くなって、信号に捕まりやすくなったり、それによって無茶なスピードで走る方などが発生した場合に、事故や道路交通法違反などで他の参加者さんや、周りの通行にご迷惑をお掛けする可能性があります。

それにガイドの最中に大人数が団子状で一塊になっていたりすると、やはり周りの通行に支障が出る可能性がありますので、可能な限りコンパクトにさせて頂きたいと思ってます。

そうなると4時間に及ぶスタッフの拘束時間も料金に含めさせて頂かないと、単なるボランティアになってしまいますので、大変恐縮ですがご了承下さいませ!


募集人数は両日ともに20名までで考えていますので、募集人数に到達した時点で受付を終了致します!

ママチャリでも参加が可能なので、是非どなたもご心配なくご参加下さい!

尚、そういう意味も踏まえまして、ガチのサイクルジャージでのご参加は可能な限りお控え下さいませ!(笑)



《お申込み方法》
お電話又はFAX、メールでも可能です!

TEL:078-855-7319     FAX:078-855-7310
メールアドレス:l-alpe-d-huez-kobe@plum.plala.or.jp

フォトコンテストのご参加も、メールで写真データを応募して頂くパターンでも構いませんので、併せてよろしくお願いします!

尚、お電話につきましては月曜日は定休日となっていますので、それ以外の10時~20時まででお申込み頂きますよう、重ね重ねお願い申し上げます!

久々に自転車屋の本音・・・

1台の自転車で来店するカップル。
 
2人乗りしてるのがバレバレだから。
 
「空気入れて欲しいねんけど。」
 
こちらとしては2人乗りしているような自転車に関わりたくない!
 
「っていうかこの後輪メッチャ歪んでんねんけど、これってなんでかな?」
 
空気入れをしているM簱君は「さぁ、何か強い衝撃でも受けたからじゃないですか?」と遠回しに言っていたけど・・・
 
2人乗りしてるからに決まってるやないか!
 
しかも体重80kg以上あるおっさんと50kg位のねえちゃんが2人乗ったら、そんなどこのリサイクルセンターで買ったのか判らないようなボロ自転車がまともに走れるかっての。
 
むしろいい歳こいてボロ自転車1台しか買えないっていうのが、恥ずかしいとか思えない事に驚きである。
 
 
 
『2人乗りのリスク』
 
①自転車の体重制限は車種を問わず80kg程度なので、車両の寿命が著しく低下する。
 
②道路交通法違反なので、違反反則金を支払う義務が発生します。
 
③しかも常人逮捕(一般人でも現行犯逮捕できる)が可能なので、その場で取り押さえられます。
 
④やはり道路交通法違反なので事故を起こした場合、相手に怪我をさせても当然ですが、自身が亡くなった場合でも保険の類は一切適用されません。全て自己責任です!
 
⑤見た目がダサい。「車を買うお金も無いからママチャリでドライブですか?」と言われても反論できない。
 
⑥少なくとも頭が良さそうには絶対に見えないし、まともな人間とも思えない。
 
 
 
つまり今の時代は2人乗りに対して厳しいのです。諦めて下さい!
 
 
 
「すみませ~ん!ここには中古の自転車って置いてませんか?」
 
そういう質問の仕方で来る人の大半は「乗れたら何でもいい!」とか、「とにかく安い自転車!」って頭しか無い方々です。
 
当店は古物取扱い許可証も取っていますが、ゴミは扱っていません。
 
ハッキリと言わせて下さい!
 
中古自転車って基本的にゴミですよ!ゴミ!
 
自転車で言うところの中古車の定義が通じるものって言うのは、元のオーナーが大切にメンテナンスをして乗って来たような、年式相応の汚れや傷程度の物であって、どんな乗り方をすればそうなるんだ?っていうような、ボロボロガタガタの中古車はどこまでいってもゴミでしかないんですよ。
 
中古自転車の中には古くなっても価値が上がっていく、レアな名車もあったりします。
 
しかしそれですら保管環境や扱いが悪かったら、単なるゴミです。
 
愛情を込めて大切に乗り続けた自転車には、古くなっても輝きが残っていたりするものなんです。
 
そういう意味では中古自転車を専門的に扱っている、『ビチ・アモーレ』さんや『バレイワークス』さん等は、中古でも本当に価値のあるものしか基本的に取扱いをしていません。
 
「この辺で中古自転車の専門店とか知らないですか?」
 
上記のような「乗れたら何でもいいので、安い自転車・・・。」とかって連中の言う専門店って何?
 
ゴミを売りつける専門店ですか?
 
整備らしいまともな整備もせずに、ほぼ拾ってきたままの状態で1台3000~10000円ほどで売っているあれは、ゴミ以外になんて呼んだらいいんですか?
 
中にはリサイクルショップも、その自転車の本当の価値を知らずに陳列している実はとんでもない名車が埋もれている、なんてレアなケースもあったりするので、その場合は磨けば輝く原石とも言えますが・・・
 
そんな原石がリサイクルショップで売られているケースは海岸で龍涎香を見つけるくらい珍しいことなので、まず期待はできないというか・・・
 
そもそも原石を磨くだけの知識と技術が伴ってないと、結局宝の持ち腐れになるという話ですよ。
 
物の善し悪しくらい、もう少しこだわってみませんか?
 
なんでもいい!とかって言う人、友達にいてもつまんないですよね?
 
そんなふうに思った事はありませんか?
 
 
 
ちょっと本音で書かせて頂きました。